痴女医の泌尿器科診察羞恥プレイ | Dr.S松のSMクリニック

痴女医の泌尿器科診察羞恥プレイ

泌尿器

M史です。
泌尿器科検診プレイをしてきました。

「今日はどうされました?」
「おしっこする時、痛いんです。」
「では、下腹部を見せてくださいね。」

ズボンとパンツを下ろし、すっぽんぽんになりました。
女医のS里様はゴム手袋をして、チンコを触診しています。
自然と勃起してしまいました。

「元気があって、よろしいね!」
普通のお医者さんはそんなこと言わないと思いますよ。

ガマン汁が溢れてくるのをしげしげと観察し、マドラーのような細長い器具を尿道に入れました。
い……痛い……!
汁をすくい取り、リトマス紙のような紙につけたり、玉を刺激して、ますます勃起させたりしてました。

そして、紙コップを渡され、
「検尿します。これにおしっこしてください。」
「はい」
と言ったものの、勃起してるのでうまくおしっこできません。
落ち着かせようとしてるところを
「お手伝いしましょうか?」
と、邪魔されてしまいます。
痴女医S里様のニヤニヤした顔がたまりません。

「早くしてください!」
「は、はい。すみません。」
なんとかかんとかおしっこしました。
チョロチョロっと出ました。
「よくできましたー!」

それから、尿を検査してもらいました。
「特に異常ないみたいです。痛いのは気のせいですよ!
お大事に!」

あっさりと終わりました。
S里様相手だと、あまり羞恥心を感じなくなってしまってますが、それでも楽しいですね。

こんな恥ずかしいプレイを泌尿器科では受けられるのか?と、気になったマゾのあなた。
実際には、見られたり、触診したりは少ないそうです。
医療プレイでは羞恥プレイした方が楽しいですからね。

[PR]プレイパートナー募集中

医療プレイ 出会い

名前:琴美/年齢:21歳/タイプ:M
プレイ:改造プレイ/地域:千葉県
PR:仕事の都合上ピアスを着けることができません。でも、乳首にピアスならバレないので乳首開発と一緒にピアスもしたいです。色々教えてくれる方いませんか?痛気持ちいいのが好きなので、タトゥーとかもいずれやってみたいです。