【浣腸液】食塩水 | Dr.S松のSMクリニック

【浣腸液】食塩水

食塩

食塩水はグリセリンに次ぐくらいに一般的な浣腸液です。
ですが、濃度が濃いと負荷がかかりますので、ご注意ください。

濃度は10%程度の食塩水(生理食塩水)が妥当です。
量は500~1000mlと大量浣腸に向いています。
ゆっくりと様子を見ながら注入しましょう。

塩を50~100gと大量に使うので、準備するのが意外と大変だったりします。
また、浣腸器具を良く洗わないと塩分がこびりついて浣腸器が動かなくなったり、
塩害をおこすこともあります。

[PR]医者・ナースコス、医療フェチプレイの出会い

[PR]プレイパートナー募集中

医療プレイ 出会い

名前:ちぃちゃん/年齢:22歳/タイプ:M
プレイ:医療プレイ/地域:愛知県
PR:おっぱいが大きすぎてみんなからジロジロ見られます。おっぱいが目立たないように診察、治療お願いしたいです。乳首もいつも立ちっぱなしなので触られると変な気分になっちゃいます。個別の1対1の診察を希望します。優しいお医者さんがいいです。