夜中に鳴り響くナースコールは医療プレイの始まり? | Dr.S松のSMクリニック

夜中に鳴り響くナースコールは医療プレイの始まり?

ナースコール

みんなが寝静まっている頃、ナースコールが鳴り響きました。
患者のM史が具合が悪くなったようです。

看護師のM美がかけつけ、様子を伺います。

「どうされました?」
「む、胸が急に苦しくなって」
「お医者さん呼びますね。」

夜勤のS里医師がM史の病室に来ました。

聴診器で胸のあたりの音を聞かれます。
「どのように痛いのですか?」
「ぎゅううっとしめつけられているような感じです。」
「そうですか。こんな感じですか?」
拘束テープでM史を縛りつけました。
「は、はいっ。こんな感じです。」

「では、お尻を叩いて痛みを和らげましょう。」
「はい。」
M史はお尻を出しました。
S里が遮眼子でお尻を叩きます。
「1・2!1・2!」
リズミカルに叩きます。

「お尻が痛くなって、胸の締め付けは取れました!」
「それは良かったです。」
「ばんざーい」

そこで目が覚めました。
医療プレイがしたいんでしょうか?
変な夢を見てしまいました。

[PR]プレイパートナー募集中

医療プレイ 出会い

名前:小島るい子/年齢:27歳/タイプ:M
プレイ:アナルプレイ/地域:神奈川県
PR:バックで突かれながらアナルに指を入れられたリ、アナルバイブ突っ込まれたまま2穴ファックされたりしたいです。まだ、開発途中なので一緒に育ててくれるパートナーさん募集します。