夜中に鳴り響くナースコールは医療プレイの始まり? | Dr.S松のSMクリニック

夜中に鳴り響くナースコールは医療プレイの始まり?

ナースコール

みんなが寝静まっている頃、ナースコールが鳴り響きました。
患者のM史が具合が悪くなったようです。

看護師のM美がかけつけ、様子を伺います。

「どうされました?」
「む、胸が急に苦しくなって」
「お医者さん呼びますね。」

夜勤のS里医師がM史の病室に来ました。

聴診器で胸のあたりの音を聞かれます。
「どのように痛いのですか?」
「ぎゅううっとしめつけられているような感じです。」
「そうですか。こんな感じですか?」
拘束テープでM史を縛りつけました。
「は、はいっ。こんな感じです。」

「では、お尻を叩いて痛みを和らげましょう。」
「はい。」
M史はお尻を出しました。
S里が遮眼子でお尻を叩きます。
「1・2!1・2!」
リズミカルに叩きます。

「お尻が痛くなって、胸の締め付けは取れました!」
「それは良かったです。」
「ばんざーい」

そこで目が覚めました。
医療プレイがしたいんでしょうか?
変な夢を見てしまいました。

[PR]プレイパートナー募集中

医療プレイ 出会い

名前:琴美/年齢:21歳/タイプ:M
プレイ:改造プレイ/地域:千葉県
PR:仕事の都合上ピアスを着けることができません。でも、乳首にピアスならバレないので乳首開発と一緒にピアスもしたいです。色々教えてくれる方いませんか?痛気持ちいいのが好きなので、タトゥーとかもいずれやってみたいです。