額帯鏡(がくたいきょう) | Dr.S松のSMクリニック

額帯鏡(がくたいきょう)

額帯鏡(がくたいきょう)

医者のイメージとして、額にCDのような鏡をつけていますよね?
これが額帯鏡(がくたいきょう)と呼ばれるものです。

聴診器と並んで、医者といったらコレ!のようなイメージの道具だと思いますが、実は耳鼻科医しか使ってないそうです。

使い方は鏡を患者さんの方に向けて、医者は鏡の真ん中の孔から、覗きます
患者さんの座る椅子の隣には白熱灯がぶら下がっていて、この光を額帯鏡で反射させて、見たいところを照らします。
なぜこんなややこしいことをするのかといいますと、耳鼻科で診るのは耳、鼻、咽と暗い穴の奥ばかりなので、そこまで光を入れるための工夫だそうです。

しかし、最近ではファイバースコープや顕微鏡を使うことが多くなってきて、額帯鏡を使う機会は減ってきました。

医療現場では最新技術をどんどん取り入れていって欲しいです。
ですが、医療プレイをたしなむ物としてはこのような消えゆく道具はなおさら懐かしく、医療プレイ時に使用していきたいものです。

[PR]プレイパートナー募集中

医療プレイ 出会い

名前:MISATO/年齢:24歳/タイプ:M
プレイ:医療プレイ/地域:東京都、大阪府
PR:ダンサーで週末は関東と関西を行き来しています。165/45/Fです。見た目の印象からSっぽく見られるけど実際は逆です。家を離れている事が多く相手もおらず1人エッチばかりです。そのせいかクリがどんどん大きくなってきて毎日オナニーしてます。おっきいクリチンポ見られながらオナニーしたいです。