上品なお嬢様の肛門はアナルローズ | Dr.S松のSMクリニック

上品なお嬢様の肛門はアナルローズ

アナルローズ

SM出会い系サイトで知り合ったのは、箱入り娘の上品なお嬢様。
しかし本当の顔は親に隠れて、アナルオナニーに励む異常性欲者だった。

私の前で肛門を自ら剥き出し、見て見て凄いでしょと言わんばかりの顔をしていた。
高級住宅街に住んでいるお嬢さんが、人前で真っ赤な直腸を飛び出させていていいのか。
自分でアナルローズまで開発してしまうなんて、とんだ淫乱な雌患者に出会ってしまったと、つくづく私の運に感謝を言いたい。

初めて会った男のチ○ポに、脱肛している状態でしゃぶりつくわで手に負えない患者だった。
治療に浣腸液を流し込みますが、大股を開いてピューピューとその姿でも十分惨めなはずなのに、このドMお嬢さんときたら。

「注射がほしいの、入れてほしいのぉ。」

開発されたアナルに挿入すれば、大きな声で喘ぎ、自らも腰を振り出す始末。
じっとSM専門の出会いサイトを張っていれば、いつか私と同じ淫乱患者が見つかると思う。

[PR]プレイパートナー募集中

医療プレイ 出会い

名前:さぁや/年齢:21歳/タイプ:M
プレイ:医療プレイ/地域:関東近郊
PR:何にもしてないのにいっつもアソコが濡れちゃっています。替えの下着を持っていないと下着がシミだらけになるし、お家ですると水浸しになっちゃいます。オシッコもたくさんでちゃうのでお漏らしも何度かあります。これっておかしいですか?