初々しい21歳患者さんの膣検診 | Dr.S松のSMクリニック

初々しい21歳患者さんの膣検診

初々しい21歳患者さんの膣検診

奴隷契約所Marquideというサイトを使って今日はご近所さんのカナさん21歳の初々しい膣へお邪魔しました。
ちなみにカナさんは以前元カレにアナルを無理矢理開発されオムツ状態になってしまった可愛そうな患者さんでした。
しかし案外肛門は気持ち良かったらしく今では毎日アナニーは欠かせないというなんとも悲しい肛門依存症になってしまったそう。

さて今日は子宮頸がんの検診という設定です。
私の自宅には古い友人に貰った内診台があるのですが、患者さんのご意見もありホテルへ移動しました。

「これから手術を始めます。よろしくおねがいします。」 「お願いします。」

擬似内診台を作れるかアイデアを考えたのですが足を持ち上げる引っ掛ける部分も無く、カーテンを垂らす部分も無く、仕方なくテーブルの上に毛布を敷きその上に寝てもらいました。
カーテン代わりにアイマスクをしてもらいし検診を始めます。

ゴム手袋を着用し大陰唇(通称:ビラ)を触診します。
少し触れるとぷくっと震えたのが分かりました、とても感じやすく敏感な患者さんでした。
大陰唇を触診していると膣液がだんだんと漏れてきました。

陰核はむき出しになっていてぷくっと膨らんだ豆が可愛く見えました。

「クリトリスに皮被っていないんですね。これは擦れてたいへんでしょう」 人差指と親指でやさしく摘むと、
「んんっ!あっ!」

かわいい声が静かな部屋全体に響き渡りました、どうやらクリトリスは敏感でなにも問題ないようですね。
次は小陰唇を触診していきました。
まるで奥へ奥へ進む探検隊のようです。

左右非対称の小陰唇ですでに愛液でぬるぬるでした。
この時点で膣液が毛布にまで垂れていたのでひとまずティッシュペーパーで拭き取ります。

さて最後はクスコによる膣内検査ですが、愛液のおかげですんなりと挿入することができました。
ゆ~っくり上下に開いていくと綺麗なピンク色をして、またまた膣液がクスコを伝って流れてきました。

「安心してください、特に異常はありませんでしたよ。」 「ありがとうございます」

最後に恥部を綺麗に拭いてあげて検診終了です。

膣検診に夢中になりすぎて、脱糞してしまうオムツ状態の肛門を検診できなかったことが心残りです。

[PR]プレイパートナー募集中

医療プレイ 出会い

名前:まさみ/年齢:34歳/タイプ:M
プレイ:医療プレイ/地域:東京都
PR:子無しの人妻です。旦那のいない平日昼間の診察を希望します。セックスレスで全く旦那は構ってくれません。おもちゃを買うとバレてしまうので満足のいくオナニーもできないです。子作りも何度も失敗しているのと不感症なのか全く感じないので先生に膣内を直接診て欲しいです。