地獄拷問アナルフィスト最大拡張 | Dr.S松のSMクリニック

地獄拷問アナルフィスト最大拡張

アナルフィスト

アナル拡張最大にして最終兵器といえばフィスト(拳)拡張ですよね。
限界に挑むにはアナルフィストで拡張するのが一番です。

僕はアナルを拡張される側です。
僕のアナルを調教してくれるのはアナルパートナーのエリ(29歳)女性です。

彼女とはアナル好きが集まるアナルサイトで知り合うことができました。
アナルパートナーが見つかりにくいこのご時世で彼女と出会えたのはとても幸せです。

僕もアナルに興味を持ち始めてアナル回這うtしてから2年が経つので、
僕のアナルはかなりユルユルでアナルローズが咲きかかっています。

準備運動もせずにエリは僕のアナルに拳を放りこんできます。
2分咲きのアナルローズに女性の柔らかくて小さい手がアナルに入りました。

アナルフィスト

初めてのアナルフィストでアナルの割れ目がメリメリと音をたてて広がっていくのがわかります。
「痛い」感覚がアナルマニアの僕にとって最大の喜びです。

ただ物足りないのは女性の小さい拳ということです。
僕は思い切って両手の拳を入れるように要求しました。

「本当にいいの?」

「いいよ。大量出血したら止めてね。」

彼女のもうひとつの拳がゆっくり僕のアナルにはいってきます。
肛門確約筋を崩壊させるかのような激痛が襲います。

そこからは想像を絶する地獄の時間でした。
拷問を受けているかのような痛みが止まりません。

しかし、変態アナルマニアの僕にとってはこれが気持ちいいのですが、、、
まぁ幸せの形は人それぞれですよね。

[PR]プレイパートナー募集中

医療プレイ 出会い

名前:ちぃちゃん/年齢:22歳/タイプ:M
プレイ:医療プレイ/地域:愛知県
PR:おっぱいが大きすぎてみんなからジロジロ見られます。おっぱいが目立たないように診察、治療お願いしたいです。乳首もいつも立ちっぱなしなので触られると変な気分になっちゃいます。個別の1対1の診察を希望します。優しいお医者さんがいいです。