体験談・S女医の精液検査 | Dr.S松のSMクリニック

体験談・S女医の精液検査

女医

こんにちは。
主に患者役のM史です。

今日はS女医のS里様が風邪をひいてしまい、プレイの予定がなくなりました。
これは医者の不養生ってやつですね。
(本当のお医者様じゃありませんが)

暇になったので、以前の医療プレイの体験を書きます。

まず最初に体のあちこちのサイズを測られます。
S里様はカルテが好きらしく、その時の僕の体調まで細かく記録してくれてます。
この時は羞恥プレイで、「検査してるのに硬くして……何考えてるの?上手く測れないでしょ?」とか、
言葉責めしてくれたり、触られたり(エッチ目的で無く)、恥ずかしくてたまりません。
しかも、S女医の白衣!もう鼻血出そうで毎回、血圧高くなっちゃいますね!

だけど、この身体計測のおかげで健康に気を使うようになりました。
自分の平均体温がわかるようになって体調の悪い時が分かるようになりました。
ちょっと具合悪い時にはすぐに栄養ドリンク飲んだり、寝るようになったので、体調崩しにくくなって良かったです。
S里様、ありがとうございます!

なのに、S里様は風邪なんてひいて……健康管理がなってませんね。
なんて、本人には言えませんが。
まぁ、最近は体調崩しやすい気候ですから、仕方ないですよね。

というのはともかく、体験談を書くんでしたね。
身体計測が終わって、体調も万全とわかると本格的にプレイが始まります。

この時は精液の検査といって、自分でしごいて精液を出さなければなりません。
だけど、射精しそうになりそうな時にS里様がストップをかけるんです。
寸止め地獄です。
そうして濃い精液を出させようとしてるんです。
3回くらい寸止めされたんですけど、タイミング悪く射精しちゃいました。
自分で寸止めするには限界がありますよね?

だけど、S里様は怒りました。
「そんな薄い精液じゃ、何もわからない!」と、出た精液を飲まされました。
そして味をカルテに書き出させられました。

それから土下座させられて、S里様に頭を踏まれました。
グリグリと床にこすりつけられて、痛くて惨めでした。
お医者様の言うことを聞けない悪い患者ですみません。

気分を害したお医者様に治療放棄を言われましたが、
罰として、次回まで射精禁止、オナニー禁止を守れば、また治療プレイしてくれるそうです。
頑張ります。

[PR]プレイパートナー募集中

医療プレイ 出会い

名前:ちぃちゃん/年齢:22歳/タイプ:M
プレイ:医療プレイ/地域:愛知県
PR:おっぱいが大きすぎてみんなからジロジロ見られます。おっぱいが目立たないように診察、治療お願いしたいです。乳首もいつも立ちっぱなしなので触られると変な気分になっちゃいます。個別の1対1の診察を希望します。優しいお医者さんがいいです。